ごあいさつ

 

経営理念

 

 一、青瑤書道教室は栃木で書を学びたいと願う方に対して、
         技術の向上・知識教養・仲間と共に学ぶ環境を提供する。

 一、書を志す方に常に充実した学びを提供できるよう自身の健康・技術・精神面の管理を徹底する。

 一、当教室に集まる同志たちが、書を通じて物心共に今よりもより良く豊かになれるよう支援する。

                                   青瑤書道教室 代表 片岡青霞

 

青瑤書道教室へようこそ

青瑤書道教室は、書家片岡青霞が主宰する書道教室です。
栃木県宇都宮市、閑静な住宅地の中に所在しています。

書を通じて日本伝統の継承。ひとつのことに一生懸命取り組むことの素晴らしさ。栃木県宇都宮市から発信することで、活気ある町づくりと共に、栃木の書の発展に貢献すること。多くの方の心情に響きあい、またそれを与え続けること。書を通じて皆さまの力になり、個々の人生が今よりも豊かに良くなることを最大の目的としています。

青瑤書道教室では、技術の上達はもちろんのこと、礼儀作法を身につけ、集中力の強化、心身共に健康で活気ある教場を目指しております。目的・目標を明確にし、何のためにやるのか、何を目指すのかということを念頭に掲げ自ら学び、また共に成長できる環境づくりを心掛けております。

ご縁がありあなたとお会いできることを、楽しみにしております。

 

青瑤書道教室 代表 片岡青霞

 

“青瑤書道教室(seiyou)”名の由来

 

ごあいさつ.jpg

青瑤書道教室の「青」は自身の雅号である青霞から名付けられた名前です。

私自身がこの青瑤書道教室を立ち上げた2012年は干支でいう辰年。龍に必ずと言っていいほど描かれているのが龍の玉。実際に龍の玉という植物が存在します。ユリ科の多年草。色はコバルトブルーで、まるで宝石のような小さな青い玉です。

また、「瑤」には美しい玉、玉のように美しいという意味があります。

青瑤書道教室を立ち上げようと心に誓った年、出会い、選択など様々なものが重なりあってこの名を付けました。この言葉なくして他にはない想いが込められております。書と真剣に向き合うことで、自己を見つめる時間をもつこと。夢中になることであなたの成長が無限に広がり続けること。設立した年にちなみ昇り龍の如く力強く歩むべく、全力で書とあなたと向き合い取り組んでまいります。

▲このページのトップに戻る